山梨県河口湖のミノダメガネ
Piastre
Thinking
Thinking (シンキング)
Thinking は、現代の丸メガネとして、シンプルであることを
心がけて作られました。いつまでも飽きないデザイン、39ミリ
というサイズは強度近視もOKです。
またチタン製なので、軽くて掛けやすい丸メガネです。
サイズは39□24、39□28、39□32の3サイズです。
ミノダメガネ
Pantheon
Pantheon (パンテオン)
丸メガネを選ぶときに大切なことは、顔幅と合っていることと、
瞳がメガネのどの位置にあるかということです。
特に瞳の位置は重要で、これが適合していないと、ご自身が
見づらいだけでなく、見た目も良くありません。
Pantheon はそこに注目して設計しましたので、快適な装用
感をお約束します。サイズは42□24、42□28、42□32です。
GENJI
GENJI (ゲンジ)
真円のメガネは目の錯覚で少し縦長に見えます。
でもそれこそが、真の丸メガネである証しなのです。
丸メガネにこだわりをもっている方に、ぜひ掛けて
いただきたい、それが真正丸メガネGENJIです。
サイズは、42□23、42□27の2サイズです。
KAICHI
KAICHI (カイチ)
丸メガネの原点、それは一山(鼻パッドがなく、鼻に
ブリッジを直接のせるタイプ)のメガネです。
真円で一山という伝統のスタイルを貫くKAICHIこそ
究極の丸メガネであるといえます。また、鼻に直接触
れる部分は快適にお使いいただける設計になっています。
サイズは、43□22、43□26の2サイズです。
Akademeia
Akademeia (アカデミア)
Akademeiaは丸メガネ研究会オリジナルで初めての
セル枠丸メガネで、昔の文学者を彷彿させるスタイルです。
玉型サイズは小さめながら、総横幅は多くの日本人男性
の顔幅に適合するように設計されています。
セル枠丸メガネ特有の、コミカルな印象は全くありません。
サイズは42□26の1サイズです。
NAGON
NAGON (ナゴン)
正統派の小玉型真正丸メガネ・・・それがNAGONです。
40mmの玉型サイズが、格調高く、学者風の雰囲気を
醸し出します。
さらに、ブリッジの網目模様が、優雅さを演出します。
サイズは4サイズ(40□22、40□26、40□30、40□34)
あるので、ほとんどの日本人男性に適合します。
ASON
ASON (アソン)
ASONはカイチに続く、メタルで一山の丸メガネです。
玉型は真円でサイズは4サイズ。(ナゴンと同じです)
コミカルなイメージにならず、昔の学者的な雰囲気を
感じさせるデザインになっています。
メガネを正面から見たとき、ブリッジの高さを少し低目に
したことで、より一層レトロな感じに仕上がりました。
Piastre (ピアストル)
Shilling
Shilling (シリング)
Tubla2
Tubla2 (ツブラ2)
mobile'n
mobile'n (モービレn)
Madoka
Madoka (マドカ)
Classico42
Classico42 (クラシコ42)
Classico-liberto
Classico-liberto
 (クラシコ・リベルト)
Lire
Lire (リレ)
TAIGA
TAIGA (タイガ)
Drachma
Drachma (ドラクマ)
Classico38
Classico38 (クラシコ38)
Kreis
Kreis (クライス)
丸メガネって、よく見ると不思議な形のメガネですよね。

そもそも、なんで丸い形でないといけないの?

それは、昔はレンズの加工技術がなかったため、現在のようにいろいろなデザインにレンズを加工できなかった
からなんです。

丸い形だとレンズの加工も簡単(実際はレンズの光学中心などを、正確に合わせて丸形に加工調製するのには、
高度な技術が必要です。)だったんですね。

ところで丸メガネの愛好家の方が、いざ丸メガネを求めようと思っても、ほとんどのメガネ店では店頭に並んで
いないか、あってもせいぜい5〜6本位で気に入ったものがない、という経験をお持ちではないでしょうか?

ならばネットでと、グーグルやヤフーで「丸メガネ」などと検索しても、出てくるのは通販のサイトが多く、実際に掛け
て似合うかどうかの確認もできない通販で買うのは心配だし、しかも快適に掛けられるようにフィッティングをしてくれ
ないので、通販は信用できない。(これは丸メガネに限らず、すべての通販メガネに言えることです。)

『それじゃあ、いったい私達丸メガネ愛好家はどうしたらいいんだ!』

ということで、この状況を何とかしようと考えた全国の有志が、『丸メガネ研究会』を立ち上げました。
下の方でご紹介している丸メガネは「丸メガネ研究会」のオリジナルフレームです。

ところで、丸メガネってなぜあまり店頭に置いていないのでしょうか?

答えは簡単。売れないからです。

しかし、売れないのには理由があります。

それは何かといいますと、似合わない人が以外と多いからなのです。

しかし、しかし、それにも大変重大な理由があるのです。

━ ここからが重要なところ ━

なぜ似合わないのか。それは「丸メガネが似合う顔じゃないから・・・・・。」
ではありません。

本当の理由は、丸メガネはかける方に適合するフレーム選びが重要なのに、
種類が少なくて、本当に似合う丸メガネに出会うのが難しいからなんです。

━丸メガネを選ぶ時に注意するポイント。━

その1
フレーム(丸形)の大きさと顔の大きさのバランスがうまくとれているか。


これは当たり前ですよね。
特に大きすぎる丸メガネは、滑稽な印象を見る人にあたえてしまいます。
本来丸メガネは、とても知的な感じがするはずなんですが・・・・・・・・。

その2
レンズの中における目の位置が、基準に適合しているか。


丸メガネをかけた時の適正な目の位置(水平方向)は、レンズの中央か、それより
もやや鼻側(内側)が、自身の見やすさや、外見的(見ため)にも良いのです。

上記の2点が、適正な丸メガネを選ぶ上での重要な条件なのです。

この条件を満たすかどうかが、丸メガネを知的で粋な感じに見せるか、滑稽な感じ
にしてしまうかの、大きな分かれ目にもなるのです。

ところが、多くの人に上記の2点を満たす丸メガネというのは、今までほとんどあり
ませんでした。

そこで、当店が所属する『丸メガネ研究会』では、多くの方に適合する丸メガネを
オリジナルで作製。
サイズの適合性はもちろんのこと、研究会の元代表岡本氏などのデザインによる、
オシャレな丸メガネを多数ご用意しました。

当店でご覧いただけます。

もちろん似合うだけでなく、メガネ本来の目的である見やすさ、使いやすさなどの
技術的な面でも、充分ご満足いただける丸メガネをご調製いたします。


丸メガネは似合わない、と思い込んでいる方々、もう一度丸メガネに挑戦して
みませんか。

Drachma(ドラクマ)
こだわりの、丸メガネがここにあります。
注: ここでいう丸メガネとは、玉型が真円のもの、または円形玉型で縦幅が横幅の85%以上 あるメガネのことです。
Drachma (ドラクマ)
丸メガネ研究会オリジナルフレーム
充之多メガネ推奨の、丸メガネ研究会オリジナルフレームをご紹介いたします。

サイズ表示は、片方の玉型横幅 □ 鼻幅で、単位はmmです。
フレンチスタイルのセルフレーム、細身の丸メガネ
「クライス」が出来上がりました。
プラスチック素材ですが全体的に細身のフォルム
に造形。古き良き時代を伝えつつ、現代的なフレ
ンチスタイルを目指して、「クライス」は作られてい
ます。 限定生産品で、サイズは38□30です。
38ミリタイプ「クラシコ」です。
「クラシコ」はメガネの産地、福井県鯖江市の技術
によって出来上がった、本格派で伝統的な雰囲気
の高級丸メガネフレームです。
玉型は真円、鼻は「一山」。腕は「レギュラー(半
掛け)」と「ケーブル(縄手)」の二種類。
サイズは、38□26と38□30。です
シンプルな一山タイプで 細身なラウンドフレーム
「ドラクマ」が出来上がりました。フレームの各パ
ーツも、繊細で実用的にして どこかアンティーク
なテイスト を醸し出しています。
丸メガネ研究会オリジナルフレームでは最大の
サイズで、44□22、44□26、44□30。広い
視野を確保できます。
シンプルイズベスト、 真の丸メガネ「タイガ」
出来ました。43ミリのやや大きめサイズで、
ブリッジはシンプルな一山。ブリッジサイズ
も長めに設定。お顔がやや大きめの方から、か
なり大きい方まで対応できる、安心の丸メガネ
です。サイズは、43□26、43□30、43□34。

クラシックでしかもイタリアンテイストのラウンド
フレーム(丸メガネ)「リレ」が完成しました。
イタリアを意識したシンプルなラウンドフレーム
なので、フレームの各パーツも、細身で機能的
にして優雅な仕上がりです。
メガネの産地・福井県鯖江市の技術力で、小粋
な丸メガネが出来ました。
サイズは、36□26、36□30、36□34です。
丸メガネ研究会発足6周年を記念して、本格派の
高級丸メガネ「クラシコ42」が堂々の登場です。
メガネの産地、福井県鯖江市の伝統復古の造形
技術によって出来上がった、本格派で伝統的な
雰囲気の高級丸メガネフレームです。
玉型は伝統的な真円、腕は「レギュラー(半掛け)」
と復古主義的な「ケーブル(縄手)」をご用意しました。
鼻当てには鼻パッドなしの伝統的な「一山」を採用。
ツヤを落としたヘアライン仕上げによる巧みなカラー
リングで品格のある一品に仕上がりました。
サイズは3サイズ。カラーも「ガンメタル」、「シャンパ
ンゴールド」、「シルバーグレー」の3色展開です。
サイズは、42□22、42□26、42□30です。
本格派伝統的高級丸メガネとして設計された、
「クラシコ42」に縁なしのメガネが加わりました。
それが、「クラシコ・リベルト」です。
クラシコ・リベルトの「リベルト」というのは、自由
という意味で、レンズのサイズや形を自由に変え
て作ることができます。写真も丸ではなく、オー
バル型のレンズになっていますが、もちろん丸メ
ガネにもできます。
個別対応力があり、クラシックなイメージを持つ、
伝統的本格派の高級縁なしフレーム、それが
「クラシコ・リベルト」なのです。
PD(瞳孔間距離)が広い方に適したプラスチック
フレームの丸メガネ、『マドカ』 が出来ました。
『マドカ』の玉型は真円で、ブリッジは一山、サイズ
は44□28です。フレームPDは72ミリですので、
PD(瞳孔間距離)が68ミリ〜74ミリくらいのかたに
適合します。限定生産品ですので、お早めに。
跳ね上げ式の丸メガネができました。
「モービレ・n」は単式の跳ね上げメガネで、蝶番
部分もフラットなパーツ使用で目立ちにくくなって
おり、一見すると普通の丸メガネのようですが、跳
ね上げ機能付きなので大変便利です。
今までありそうで無かった丸メガネ。
それが「モービレ・n」です。
サイズも2サイズで、お顔の小さい方から大きい方
まで対応します。テンプルは純チタン、智とフロント
部には、新合金を使用した逸品です。
サイズは、42□21、42□25です。
丸メガネの一山プラスチックフレームのヒット作である
「ツブラ」にさらなる改良を加え、よりスマートになって、
「ツブラ2」が新登場しました。真円、一山を採用した
レトロな雰囲気はそのままに、
ツブラ2では、ブリッジ
の内側に透明感のある色を貼り合わせ、さらに正面
から見たブリッジの太さを少し細くして軽快なイメージ
を演出しています。サイズは42□24です。
フレンチクラシックなイメージの丸メガネ『シリング』。
各パーツにフレンチクラシックなイメージのものを
セレクトして、鉄の質感を、チタンで再現した、渋い
風格の漂う丸メガネです。サイズは一般的な日本人
男性を意識した寸法で、やや大きめの顔にも対応。
今までのオリジナルフレームにはなかった微妙なサ
イズ、41□27です。
軽やかで知的な雰囲気をもつ「ピアストル」
サンコバルトという弾力性があり、錆びにくい素材を
使用。細くて軽やかな丸メガネが誕生しました。
腕も個性的で、いろいろな顔の大きさに対応できる
よう、フィッティング性能を向上させつつ弾力性も持
たせてあります。サイズは、39□25、39□31です。
丸メガネ研究会公式ホームページ
ページTOP|へ   |HOME|へ
HOME|へ
上記オリジナルフレームのほかにも、たくさんの丸メガネを取り揃えております。

総勢180本以上の中に、お気に入りの丸メガネが、きっと見つかるはずです。

ご来店の上、ごゆっくりご覧くださいませ。
下の写真は当店の『丸メガネ』のコーナーです。
丸メガネのコーナーです。
丸メガネについては、こちらもご覧ください。
↓ クリック
Maltoro
Maltoro (マルトロ)
アンティークでどっしりとしたスタイル。
抜群の存在感があり、アンティーク・セルフレームの
懐古感を忠実に再現した
「マルトロ」限定生産品
として登場しました。
「マルトロ」は日本人に合わせて左右の眼の間隔を
やや広めに設定しています。サイズは42□28です。
充之多メガネでは、メガネ(フレームのみも含む)の通信販売は行っておりません。

詳しくは、こちらをご覧ください。→ 「メガネの通信販売」

Rotondo (ロトンド)
Rotondo
PD(瞳孔間距離)の広い方に最適。正統派、復古
調のセルフレーム丸メガネ「ロトンド」は、ブリッジ
の形状と新型鼻パッドの組み合わせが絶妙です。
嗜好性の強い商品なので、その希少性を担保する
ため、追加生産なしの限定生産品です。
サイズはマルトロと同じ、42□28です。
Photo 丸メガネ研究会HP、箕田金男
Decibon (デシボン)
キーホールというブリッジ形状を採用した、古典的
アメリカンスタイルの丸メガネセルフレームです。
デシボンはブリッジ(鼻)とテンプル(腕)の形状、
そして全体のボリューム感に気を配って作りました。
擬似真円ですが、真円にすることもできます。
丸メガネセルフレーム最大サイズの44□22です。
Decibon
Ringgit
Enborg
Ringgit (リンギット)
Enborg (エンボルグ)
チタン製抜き枠の丸メガネ『リンギット』。テンプル
(腕)は、ベータ―チタン採用で快適な掛け心地。
ボリューム感があり現代的なスタイリッシュモデル
に仕上がりました。
サイズは42□26で、日本人男性に最も多い、PD
64〜68の方に適合しています。
丸メガネで一山、しかも跳ね上げメガネなんです。
跳ね上げメガネなのに、とってもスタイリッシュ
それは鼻パッドなしの一山タイプだからなんです。
エンボルグは、充実の2サイズをご用意しました。
42□26は、PDが64〜68の方に。
42□30は、PDが68〜72の方に適合しています。
Gourde (グールド)
Gourde
待望の丸メガネセルフレーム、『グールド』が出来ま
した。特徴は、これまでなかったワイドなサイズです。
丸メガネを掛けたかったが、どれも小さくて似合わな
いのであきらめていた、という方にピッタリの丸メです。
サイズは48□22で総横幅は142mmもあります。
天地幅も46mmあり、遠近両用にも対応しています。
各フレームの詳細は、それぞれの写真をクリックしてください。
各フレームの詳細は、それぞれの写真をクリックしてください。
Urin
Urin (ウリン)
久々のクリングス(鼻当て)付き丸メガネです。
名前は『ウリン』といいます。とてもシンプルに見え
ますが、テンプルはこめかみを圧迫しない構造
優れものです。ブリッジを玉型中央に配し、さらに
智の張出しを少なくした、復古調のモデルです。
サイズは42□16、42□26、42□30の3サイズ。
小さい42□16はお子様用に作りました。
瞳孔間距離(左右の目の幅)の広い方、ゆったり
したお顔立ちの方に最適なセルフレームの丸メガネ
が出来ました。『マルセイン』といいます。鼻パッドが
安定感のある掛け心地を実現しました。
サイズは44□28。フロント総横幅は144mmです。

Marseinrin (マルセイン)
細身の丸メガネで、テンプル(腕)はセル手です。
『フォリント』といいます。セル手の色彩にもこだわり
ました。素材は軽くて丈夫なサンコバルトを採用、
玉型は自然な丸みの擬似真円にしました。
サイズは40□24、40□28、40□32の3サイズ。

丸メガネは大きなサイズになると、とかくマンガ的に
なりがちですが、『リヤル』懐古調で文学的な
雰囲気が感じられるよう、クラシックなパーツにこだ
わりました。
サイズは48□20、50□22、52□22の3サイズ。
瞳孔間距離が広めでも、余裕の丸メガネです。
クリングス(鼻当て)付きで細身の丸メガネです。
『ペセタ』はシンプル志向の大人のフレームです。
素材は細くても丈夫な、サンコバルト合金です。
サイズは39□25、39□29の2サイズなので、多くの
方の瞳孔間距離に適合します。

カットリムという独特のフロント構造の丸メガネです。
名前は『クローネ』といいます。クラシカルでいなが
ら、地中海沿岸の明るく陽気な雰囲気をイメージ
したデザインに仕上げました。
サイズは38□28、38□32、38□36の3サイズ。
ベーシックな、クリングス(鼻当て)付きの丸メガネ
なんと、跳ね上げ式になりました。
『エスクード』は、耐久性を強化した鼻パーツと跳ね
上げ機能を備えた、画期的な丸メガネです。
サイズは42□26、42□30の2サイズです。

チタン抜き枠を採用した丸メガネ『コルナ』です。
抜き枠とは、1枚のチタン材をレーザーで切り抜いて
成形した枠のことで、丸メガネ初心者にもなじみ
やすい
カジュアルなデザインになっています。
サイズは40□28の1サイズです。

『バートランド』は、鼻幅とフロントサイドの張り出しを
長くしたことで瞳孔間距離の広い方、ゆったりした
お顔の方に最適なセルの丸メガネになっています。
また、最新型の金属部品を使った鼻パッドを採用。
サイズは40□28、41□28、42□28の3サイズ。

極小サイズの一山丸メガネ『マヒト』が出来ました。
知的な雰囲気を醸し出すデザイン、は先輩格の
『リレ』と双璧を担います。
あなたは『マヒト』と『リレ』のどちらを選びますか?
サイズは37□26、37□30、37□34の3サイズ。

Forint (フォリント)
Riyal (リヤル)
Peseta (ペセタ)
Krone (クローネ)
Escudo (エスクード)
Koruna(コルナ)
Bertland (バートランド)
Mahito(マヒト)
各フレームの詳細は、それぞれの写真をクリックしてください。
各フレームの詳細は、それぞれの写真をクリックしてください。
『ディナール』ドイツ風を感じさせる丸メガネ。
テンプル(腕)やフロント外側のパーツに工夫を
施し、ドイツの雰囲気をを醸し出しています。
均一性を廃し、変化に富んだスタイルにしました。
サイズは40□30、40□34の2サイズです。

Kercrane (カークレイン)
Frantes (フランテス)
Dinar (ディナール)
『フランテス』は伝統的フレンチスタイルを再現
する懐古調の丸メガネです。ケーブルタイプの
テンプル(腕)は、継ぎ目なしのβチタンを採用。
途中で折れたり伸びたりする問題を解消しました。
サイズは40□26、40□30の2サイズです。

人気のセル丸メガネ「クライス」の後継モデル、
『カークレイン』が出来ました。鼻パッドの形
状とサイズ、テンプル(腕)と智(フロント外側)
太さと丈夫さにかなりこだわって作りました。
サイズは38□30です。

丸メガネ研究会のオリジナルフレームはすべて日本製です。
当店でお手にとってご覧ください。
丸メガネってよく見ると不思議な形・・・・・。
丸メガネ愛用者に聞きました。
『あなたは丸メガネのどこが好きですか?』

「クラシックでインテリな感じがする」
「おしゃれなところ」
「知的で個性的」
「顔が優しく見える」
「後世に名を残す人が掛けている」

                            など
あなたも 『丸メガネ』 掛けてみませんか?